Top > メディア > コンピューターだけが知っている

コンピューターだけが知っている

コンピュータの画面の前に座り、いつも変動している為替相場を見てしまうと、何となく注文をしなくてはいけないという衝動に駆られる状況も多いと思います。

 

だけど、なんとなく感覚で売買することだけは断じてしてはいけません。

 

ご存知の通り、相場は1日中、いずれかの国のマーケットは変動しているし、市場もいつでも、動いています。

 

そうであっても、立て続けにエントリーをすると、それだけ損失が生じる可能性が上がります。

 

当たり前ですが、エントリーの数を積み重ねる事でだんだんと利益を上げられる可能性が五分五分に近づくのは事実です。

 

しかしその事は「なんだか分からない勘でエントリー」することとは話が異なります。

 

エントリー回数を増やすということは、自ずから「ここがチャンス」と考える時機を得られた状況での注文回数を積み重ねるという事です。

 

何となく、連続して注文をするのとは明確に違う。

 

マーケットの駆け引きに勝つためには、白分で思案して緩急をつけることこそが大事だ。

 

「ここは勝てる」と感じたマーケットの時には覚悟を決めて所持ポジションを積み増して、徹底的に利益を求めます。

 

「少し分かりにくい外国為替市場でどう上下するのか思いつかないな」と思ったならば潔く諦めて所有ポジションをひとつも残さないで諦めて何もしません。

 

このぐらいのけじめをつけた方が最後には売買は勝てます。

 

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当にその通りです。

 

取引とは何も常に売買ポジションを持つことが大切ではなくどのポジションも持たないで何もしないことも場合によっては、FXです。

 

では、どういった時に、休むべきなのでしょうか。

 

最初に言われるのが先に述べたように、現在の相場展開が曖昧で難しいときです。

 

現状から高くなるのか安くなるのか見通せない時はヘタに動くと、自分自身の思い描いたストーリーとは逆方向に外国為替相場が向ってしまい、損失を被ることになる。

 

そういう場合はポジションを減らしてそのままの状態で静観しているのが最良の選択です。

 

もうひとつは、自分の体調があまりよくない時です。

 

体の状態と外国為替市場に関係しないと感じる人もいると思いますが現実には意外と関係あります。

 

コンディションがすぐれなければ、相場の失敗できない場面で落ち着いた判断を下すことができません。

http://www.jslp52.org/

気分が進まない時は、FXから距離を置くことも大事なことだ。

 

メディア

関連エントリー
コンピューターだけが知っている限られた予算の中で・・・
カテゴリー
更新履歴
高収入求人|デート費用...。(2016年12月10日)
現金化東京|今の時代は審査が終わるまでが非常に迅速になったこともあり...。(2016年11月27日)
探偵の浮気調査|たいていは夫が妻が浮気していることに気づくまでには...。(2016年9月 4日)
レビューのみを参照して脱毛サロンを絞るのは...。(2016年5月13日)
レビューのみを参照して脱毛サロンを絞るのは...。(2016年5月13日)