小顔矯正で憧れの小顔を手に入れよう!

小顔矯正とリンパマッサージは何が違う?

小顔矯正とリンパマッサージは何が違う? 小顔矯正とリンパマッサージの違いについて、アプローチの方法を紹介しながら説明していきます。
まず、小顔矯正とは主に、頬や顎の脂肪をなくす、顎のラインを整える、頬骨を削るといった方法があげられます。
具体的には脂肪溶解の注射を打ったり、顎にプロテーゼを挿入してラインを整えたり、美容外科で骨を削るといった方法です。
これらのメリットは、即効性があり持続性があることですが、デメリットは費用が高いことです。
なお、施術するのは全て医師なのでとても安心な手法と言えます。
次にリンパマッサージとは、顔に張り巡らされているリンパ管をマッサージして水分を循環させてむくみをとる方法です。
これは、リンパ管の中を水分が流れており、欠陥と違って水分の輸送能力が弱いことから、水分が滞留しやすいという特徴があります。
普段は、リンパ管の筋肉がポンプの役目を果たして水分を運んでいますが、加齢により筋肉が衰えてきたり、同じ場所に座って体を動かしていないとリンパが滞留して顔がむくんだりするのです。
そこで、顔を良くマッサージしてむくみを解消する方法としてリンパマッサージを行うのです。

小顔矯正サロンに通う頻度はどれくらいが良い?

小顔矯正サロンに通う頻度はどれくらいが良い? 小顔矯正は日常生活上の癖で生じる骨格のゆがみを整えてリンパの流れをよくすることで顔が小さく見えるというものです。
そのため小顔が形成される以外にもほうれい線の解消や肌のくすみ、むくみなども取れるなどのメリットがあります。
そんな小顔矯正を実感するために小顔矯正サロンに通うベストな頻度はどれくらいが良いかというと1ヶ月に1回のペースで通うのが良いとされています。
専用のサロンで施術を受けることで小顔効果は一定期間続くためそれほど頻繁に通う必要はありません。
ただし小顔効果は一定期間続くものではないため定期的にサロンに通う必要があります。
そのため通い始めは2週間に1回の頻度で施術を受けるようにしおよそ数か月間経過したならばその後は1ヶ月に1回の頻度で通うとよいでしょう。
小顔矯正後を何度も続けていくと徐々にその効果を体が覚えていくので小顔をキープしやすくなっていくため徐々に通う頻度を延ばしていくのが効果的なのです。

新着情報

◎2018/5/16

小顔矯正するためのセルフケア
の情報を更新しました。

◎2018/3/7

小顔矯正の相場平均
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

自宅でできる小顔矯正
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「リンパ エステ」
に関連するツイート
Twitter